花村萬月『日蝕えつきる』

書誌情報

  • 日蝕えつきるひはえつきる
    花村萬月はなむらまんげつ
    2016-08-26
    集英社
    女犯僧らしき流人と懇意になってしまう八丈島の娘、江戸に逃れて夜鷹となった軽井沢宿の飯盛女。天明六年正月元日に起きた皆既日蝕を、見ることなく没した男女の、鬼気迫る五つの暗黒物語。

関連リンク