池澤夏樹『砂浜に坐り込んだ船』

書誌情報

  • 砂浜に坐り込んだ船すなはまにすわりこんだふね
    池澤夏樹いけざわなつき
    2018-05-29
    新潮社 新潮文庫
    石狩湾で坐礁した、五千トンの貨物船。忽然と砂浜に現れた非日常的な巨体に魅せられ、夜、独り大型テレビでその姿を眺めていると、「彼」の声がした。友情と鎮魂を描く表題作と、県外の避難先から消えた被災者の静かな怒りを見つめる「苦麻の村」、津波がさらった形見の品を想像力のなかに探る「美しい祖母の聖書」ほか、悲しみを乗り越える人々を時に温かく時にマジカルに包み込む全 9 編。

関連リンク