モブ・ノリオ

2004年『介護入門』で第131回芥川賞受賞。

モブ・ノリオ(1970年(昭和45年)11月16日 - )は、日本の小説家である。性別は男性。

奈良県桜井市出身。実家は400年続く旧家。大阪芸術大学芸術学部文芸学科卒業、同大学大学院専攻科除籍。学生時代に中上健次の主宰した熊野大学に参加、ここで『早稲田文学』現編集長で文芸評論家の市川真人、批評家の池田雄一と知り合う。彼らの誘いで上京し、東京大学の古井由吉ゼミのニセ学生をやっていた。

家庭教師などを経て2004年、祖母の死をきっかけにして書いた小説『介護入門』で第98回文學界新人賞を受賞、同作品で第131回芥川龍之介賞受賞。ヒップホップ的な文体で介護という現代的テーマを取り上げている事が話題となる。

by ウィキペディア

ここで読める! モブ・ノリオの電子書籍

受賞作どころか、モブ・ノリオの電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント