楊逸

2008年『時が滲む朝』で第139回芥川賞受賞。

楊 逸(ヤン イー、本名:劉 莜(りゅう・ちょう、「ちょう」は草冠に「攸」)、1964年6月18日 - )は、日本の小説家である。中国ハルビン市出身。2008年、「時が滲む朝」で第139回芥川賞受賞。中国籍(当時)の作家として、また日本語以外の言語を母語とする作家として史上初めての受賞となった。2012年ごろ、日本国籍を取得。

by ウィキペディア

Amazon Kindleで読める! 楊逸の電子書籍

Kindle端末がなくてもアプリで読めます。iOSAndroid

一覧を見る(Amazon)

コメント