赤染晶子

2010年『乙女の密告』で第143回芥川賞受賞。

赤染 晶子(あかぞめ あきこ、1974年10月31日 - 2017年9月18日)は、日本の小説家。京都府舞鶴市出身。

京都外国語大学外国語学部ドイツ語学科卒業、北海道大学大学院文学研究科ドイツ文学専攻博士課程中退。大学院ではベルトルト・ブレヒトを研究した。2004年、「初子さん」で第99回文學界新人賞受賞。ペンネームは赤染衛門に由来する。2010年、「乙女の密告」で第143回芥川賞受賞。

2017年9月18日午前2時26分、急性肺炎のため京都府宇治市の病院で死去した。。

by ウィキペディア

Amazon Kindleで読める! 赤染晶子の電子書籍

Kindle端末がなくてもアプリで読めます。iOSAndroid

一覧を見る(Amazon)

コメント