朝吹真理子

2010年『きことわ』で第144回芥川賞受賞。

朝吹 真理子(あさぶき まりこ、1984年12月19日 - )は、日本の小説家。

東京都出身。慶應義塾大学大学院文学研究科国文学専攻修士課程修了。近世歌舞伎を専攻し、修士論文のテーマは鶴屋南北。

吉増剛造を囲む会にてスピーチしたところ、それを聞いていた編集者から小説を書くよう熱心に勧められた。それをきっかけに、小説家としてのデビュー作「流跡」を『新潮』2009年10月号に発表、2010年、堀江敏幸の選考で第20回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。2011年、「きことわ」(『新潮』9月号)で、第144回芥川龍之介賞(平成22年度下半期)受賞。

大学院で修士号を取得したあとは、博士課程には進学せず、専業の作家として活動している。夫は渡邉康太郎。

by ウィキペディア

Amazon Kindleで読める! 朝吹真理子の電子書籍

Kindle端末がなくてもアプリで読めます。iOSAndroid

一覧を見る(Amazon)

コメント