高橋和巳

1962年『悲の器』で第1回文藝賞受賞。

高橋 和巳(たかはし かずみ、1931年8月31日 - 1971年5月3日)は、日本の小説家で中国文学者。妻は小説家の高橋たか子。中国文学者として、中国古典を現代人に語ることに努める傍ら、現代社会の様々な問題について発言し、全共闘世代の間で多くの読者を得た。左翼的な思想の持ち主ではあったが、三島由紀夫と交流するなどの人間的な幅の広さがあった。自然科学にも関心が深く、特に相対性理論に関する造詣が深かった。

by ウィキペディア

ここで読める! 高橋和巳の電子書籍

受賞作どころか、高橋和巳の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP