冥王まさ子

1979年『ある女のクリンプス』で第16回文藝賞受賞。

冥王 まさ子(めいおう まさこ、1939年11月25日 - 1995年4月21日)は、日本の作家。翻訳家としては原麗衣(あきえ)、また本名は柄谷(原)真佐子。

東京出身。お茶の水女子大学英文科卒、東京大学大学院英文学専攻修了。修士論文はローレンス・スターン。同大学院で柄谷行人と知り合い、1965年、結婚。アナイス・ニンの日記の翻訳などを行う。専任の職を大学紛争で辞した後、柄谷の1975年の渡米に同行。1979年「ある女のグリンプス」で文藝賞受賞、以後、作家、翻訳家として仕事をする。柄谷と離婚後、カリフォルニア州サクラメント滞在中に動脈瘤破裂のため死去。

占星術に深い関心を抱いていた。晩年はルドルフ・シュタイナーを学ぶ。

*『ある女のグリンプス』 河出書房新社、1979 のち講談社文芸文庫

*『雪むかえ』 河出書房新社、1982 のち文庫

*『白馬』 講談社、1984

*『天馬空を行く』 新潮社、1985 のち河出文庫

by ウィキペディア

ここで読める! 冥王まさ子の電子書籍

受賞作どころか、冥王まさ子の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP