山本昌代

1983年『応為坦坦録』で第20回文藝賞受賞。

山本 昌代(やまもと まさよ、女性、1960年8月18日 - )は、日本の小説家。

神奈川県横浜市生まれ。神奈川県立希望ヶ丘高等学校、津田塾大学英文科卒業。大学時代は英文学を専攻していたが、谷崎潤一郎の作品に触れて日本語による表現に目覚める。在学中の1983年浮世絵師の応為(お栄)と、その父葛飾北斎の姿を描いた『応為坦々録(おういたんたんろく)』で文藝賞を受賞してデビューした。

by ウィキペディア

ここで読める! 山本昌代の電子書籍

受賞作どころか、山本昌代の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP