伏見憲明

2003年『魔女の息子』で第40回文藝賞受賞。

伏見 憲明(ふしみ のりあき、1963年8月21日 - )は日本の評論家、小説家。

東京都出身。浦和市立田島中学校、武蔵野音楽大学付属武蔵野高等学校声楽科、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。中学校在学時の同級生にNOKKOがいた。

1991年に『プライベート・ゲイ・ライフ』にてゲイであることをカミングアウトし、90年代のゲイ・ムーブメントに大きな影響を与える。以後同性愛問題やジェンダー、セクシュアリティの論客の一人として、主張しつづけている。

1999年から雑誌『クィア・ジャパン』編集長として、2001年まで5号を刊行。2005年に『クィア・ジャパン・リターンズ』として復刊し、3号を刊行した。

2003年9月から2005年1月まで明治学院大学社会学部非常勤講師。2003年に『魔女の息子』で第40回文藝賞を受賞して小説家としてもデビュー。

by ウィキペディア

ここで読める! 伏見憲明の電子書籍

受賞作どころか、伏見憲明の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント