金鶴泳

1966年『凍える口』で第4回文藝賞受賞。

金鶴泳(きん かくえい、キム・ハギョン、김학영、Kim Hak Young、1938年9月14日 - 1985年1月4日)は日本の小説家。本名は金 廣正(キム・クァンジョン)。

1938年、群馬県に生まれる。東京大学大学院化学系研究科博士課程中退。

1966年に「凍える口」で文藝賞受賞。以後作家活動に入る。「冬の光」「鑿」「夏の亀裂」「石の道」の四作が芥川龍之介賞候補作となる。

吃音者・在日朝鮮人二世という苦悩の中、独自の世界を描いた。

1985年、ガス自殺。享年46。

by ウィキペディア

ここで読める! 金鶴泳の電子書籍

受賞作どころか、金鶴泳の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP