白岩玄

2004年『野ブタ。をプロデュース』で第41回文藝賞受賞。

白岩 玄(しらいわ げん、1983年 - )は日本の小説家。京都府京都市生まれ。京都府立朱雀高等学校卒業後にイギリスに留学。大阪デザイナー専門学校グラフィックデザイン学科卒業。

2004年、「野ブタ。をプロデュース」で第41回文藝賞受賞。同年度の咲くやこの花賞受賞。翌2005年、「野ブタ。をプロデュース」で第132回芥川龍之介賞候補、同作が日本テレビ系でドラマ化。ドラマは大ヒットし、小説もベストセラーになったものの、執筆はスランプに陥り第2作が出るまでに5年かかった。

2009年、糸井重里と文藝で全13回にわたって対談した。2011年より活動の拠点を京都から東京に移している。

*同世代で文藝賞から若くしてデビューしたという共通点のある羽田圭介とは、「キャラクターがかぶっている」ことから公式ライバルとして互いに意識する関係性である。

by ウィキペディア

ここで読める! 白岩玄の電子書籍

受賞作どころか、白岩玄の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント