李龍徳

2014年『死にたくなったら電話して』で第51回文藝賞受賞。

李 龍徳(い よんどく、1976年 - )は、日本の小説家。在日韓国人3世。

埼玉県川口市出身、大阪府在住。2014年、第51回文藝賞を「死にたくなったら電話して」で受賞。2016年、『報われない人間は永遠に報われない』で第38回野間文芸新人賞候補。

*『死にたくなったら電話して』(河出書房新社、2014年11月)

** 『文藝』2014年冬号

*『報われない人間は永遠に報われない』(河出書房新社、2016年6月)

*『愛すること、理解すること、愛されること』(河出書房新社、2018年8月)

by ウィキペディア

Amazon Kindleで読める! 李龍徳の電子書籍

Kindle端末がなくてもアプリで読めます。iOSAndroid

一覧を見る(Amazon)

コメント