森山赳志

2005年『黙過の代償』で第33回メフィスト賞受賞。

森山 赳志(もりやま たけし、1971年 - )は日本の小説家。福岡県生まれ。福岡大学卒。

『黙過の代償』が第33回メフィスト賞を受賞し、デビューした。デビュー作の帯につけられたコピーは「国際派ハードボイルドミステリの大型新人」。この作品は、韓国では『誰が虎の尾を踏んだのか』と題され、2005年12月に日韓同時発売となった。

* 黙過の代償

** 2005年12月 講談社ノベルス

* 누가 호랑이 꼬리를 밟았나 (直訳:誰が虎の尾を踏んだのか)

** 2005年12月 森山赳志(모리야마 다케시)著、鄭泰原(チョン・テウォン)訳、出版:Younglim Cardinal(영림카디널)

by ウィキペディア

ここで読める! 森山赳志の電子書籍

受賞作どころか、森山赳志の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント