岡崎隼人

2006年『少女は踊る暗い腹の中踊る』で第34回メフィスト賞受賞。

岡崎隼人(おかざき はやと、1985年12月22日 - )は日本の小説家。岡山県出身。

2006年、『少女は踊る暗い腹の中踊る』で第34回メフィスト賞を受賞し、デビューした。帯につけられたコピーは「子供たちのダークサイドを抉る青春ノワールの進化形」。マーク・Z・ダニエレブスキーの『紙葉の家』を机代わりに、2か月ほどで書き上げた作品だという(下記エッセイ参照)。

『メフィスト』2007年5月増刊号に掲載された「ノベルス あとがきのあとがき」で、2作目として「『welcome to my……』に対する感謝・対策」という仮タイトルを予告したが、未刊行である。

* 少女は踊る暗い腹の中踊る (講談社ノベルス、2006年6月6日発行)

by ウィキペディア

ここで読める! 岡崎隼人の電子書籍

受賞作どころか、岡崎隼人の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント