近本洋一

2013年『愛の徴 ―天国の方角―』で第48回メフィスト賞受賞。

近本 洋一(ちかもと よういち、1975年 - )は、日本の批評家。小説家。神奈川県生まれ、沖縄県在住。

2010年5月、投稿評論「よみがえる魂――大江健三郎の「戦後」、または恢復期の生」で第53回群像新人文学賞(評論部門)最終候補三作の内の一作に選出されたものの落選。2012年、投稿小説「黄金の蛇 緑の草原」で第48回メフィスト賞(講談社)を受賞し、翌2013年、同作を改題改稿した『愛の徴――天国の方角』で小説家としてデビュー。2018年1月、投稿評論「意味の在処――丹下健三と日本近代」が第1回すばるクリティーク賞を受賞し、批評家としてデビューした。

by ウィキペディア

Amazon Kindleで読める! 近本洋一の電子書籍

Kindle端末がなくてもアプリで読めます。iOSAndroid

一覧を見る(Amazon)

コメント