早坂吝

2014年『○○○○○○○○殺人事件』で第50回メフィスト賞受賞。

早坂 吝(はやさか やぶさか、1988年 - )は、日本の小説家。大阪府生まれ。京都大学文学部卒業。

小中学生の時にアガサ・クリスティの作品を、高校生の時に綾辻行人の作品を、大学生の時にエラリー・クイーンや麻耶雄嵩を読んでいる。

2014年、『○○○○○○○○殺人事件』で第50回メフィスト賞を受賞し、デビュー。タイトルを当てる小説として話題を呼ぶ。

デビュー作より続く上木らいちシリーズは、性的な要素を推理やトリックに利用しているという特徴がある。一方、その他の作品ではそういった要素を極力排し、ドローンや人工知能といった最先端のテーマを扱うことも多い。

文庫化の際は大幅改稿することが多い。例えば『○○○○○○○○殺人事件』の文庫版は、ノベルス版より殺人事件が一つ増えている。

by ウィキペディア

Amazon Kindleで読める! 早坂吝の電子書籍

Kindle端末がなくてもアプリで読めます。iOSAndroid

一覧を見る(Amazon)

コメント