景山民夫

1988年『遠い海から来たCOO』で第99回直木賞受賞。

景山 民夫(かげやま たみお、1947年(昭和22年)3月20日 - 1998年(平成10年)1月27日)は、日本の小説家、放送作家。放送作家としての別ペンネームに大岡 鉄太郎。

1947年(昭和22年)3月20日、警察官僚(のち全日本剣道連盟会長)の景山二郎 を父として、東京都千代田区神田で生まれる(当時の自宅は東京都杉並区)。本籍地は広島県広島市。景山家は元々、広島県三次市の出で、親戚はみな三次市にいるという。母方の祖父橋本清吉は福島県知事や岡山県知事、衆議院議員(改進党)などを歴任。

千代田区内にある暁星小学校に入学、同級生に尾上辰之助がいた。カトリック系の学校だったので、なんとなくキリスト教を意識するようになったが、家は神道であったという。その後、父の中国管区警察局公安部長転任に伴い広島市に転居。私立で裕福な家庭の子女が多い暁星から、第二次世界大戦後数年の広島市立の普通の小学校に入り、強烈な広島弁、被爆で背中一面ケロイドの担任の先生、夜店で拳銃を売買する光景などを目撃し大きなショックを受ける。

by ウィキペディア

ここで読める! 景山民夫の電子書籍

受賞作どころか、景山民夫の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP