杉本章子

1988年『東京新大橋雨中図』で第100回直木賞受賞。

杉本 章子(すぎもと あきこ、1953年5月28日 - 2015年12月4日)は、日本の小説家。

福岡県八女郡福島町(現・八女市)生まれ。八女市立三河小学校、八女市立南中学校、福岡海星女子学院高等学校を経て、ノートルダム清心女子大学文学部国文学科(現・日本語日本文学科)卒業。金城学院大学大学院修士課程修了。1980年、『男の軌跡』で歴史文学賞佳作入選、作家デビューを果たす。

1983年、第14回福岡市文学賞を受賞。1989年、『東京新大橋雨中図』で第100回直木三十五賞を受賞。1995年、第2回福岡県文化賞を受賞。2002年、『おすず―信太郎人情始末帖』で平成14年度中山義秀文学賞を受賞。時代小説を中心に執筆していた。

晩年はがんで余命宣告を受け、ホスピスで執筆を続けた。2015年12月4日、乳がんで死去。。

by ウィキペディア

ここで読める! 杉本章子の電子書籍

受賞作どころか、杉本章子の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP