藤堂志津子

1988年『熟れてゆく夏』で第100回直木賞受賞。

藤堂 志津子(とうどう しづこ、1949年3月14日 - )は、日本の小説家、エッセイスト。本名は熊谷 政江。

北海道札幌市生まれ。北海道札幌北高等学校、藤女子短期大学国文科卒業。1968年、19歳で詩集『砂の憧憬』を刊行する(熊谷政江名義)。『北海道新鋭小説集』(北海道新聞社)に作品が収録。1979年、「熟れてゆく夏」が第11回新潮新人賞候補に(熊谷名義)。1983年、「椅子の上の猫」で月刊クォリティ主催の第7回北海道文学賞を受賞(熊谷名義)。1987年、札幌市の広告代理店に在籍中に「マドンナのごとく」で第21回北海道新聞文学賞を受賞(熊谷名義)。1988年、『マドンナのごとく』が第99回直木三十五賞候補に。同年、「熟れてゆく夏」で第100回直木三十五賞を受賞。以後、女性の心の内部を突く恋愛小説を多く発表、エッセイストとしても活躍している。1989年、北海道栄誉をたたえて賞を受賞。1990年、第19回札幌市民芸術賞を受賞。2001年、『ソング・オブ・サンデー』で第8回島清恋愛文学賞を受賞。2003年、『秋の猫』で第16回柴田錬三郎賞を受賞。

by ウィキペディア

ここで読める! 藤堂志津子の電子書籍

受賞作どころか、藤堂志津子の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP