笹倉明

1989年『遠い国からの殺人者』で第101回直木賞受賞。

笹倉 明(ささくら あきら、1948年11月14日 - )は、日本の小説家。タイ在住の、上座部仏教の日本人比丘(僧侶)。比丘としての名前はプラ・アキラ・アマロー。シンガーソングライター・レコーディング・エンジニア・スタジオ兼カフェのオーナーで内装職人の笹倉慎介は実子。

兵庫県西脇市生まれ。淳心学院高等学校、早稲田大学第一文学部文芸科卒業。広告代理店、フリーの雑誌記者等を経て、1980年、日本人青年の異国放浪を描いた『海を越えた者たち』(第4回すばる文学賞佳作入選)でデビュー。

1988年、『漂流裁判』で第6回サントリーミステリー大賞受賞。翌1989年、ジャパゆきさんによる殺人事件をテーマにした長編小説『遠い国からの殺人者』で第101回直木賞を受賞。幅広いジャンルに多くの著作がある。

1991年、湾岸戦争への自衛隊派遣に抗議し、柄谷行人、中上健次、津島佑子、田中康夫らとともに『湾岸戦争に反対する文学者声明』を発表した。

その後「にっぽん実業家列伝」全5巻、2002年には原作・脚本を担当した映画『新・雪国』が封切られた。この映画では製作にも全面的にコミットしており、その経緯を『映画『新・雪国』始末記』としてまとまている。

2005年にタイへ移住。2016年にはチェンマイのパンオン寺で出家した。

by ウィキペディア

ここで読める! 笹倉明の電子書籍

受賞作どころか、笹倉明の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP