宮城谷昌光

1991年『夏姫春秋』で第105回直木賞受賞。

宮城谷 昌光(みやぎたに まさみつ、1945年2月4日 - )は、日本の小説家、歴史小説・時代小説作家である。古代中国の偉人にスポットを当てた作品を得意とする。代表作に『重耳』、『孟嘗君』など。本名は宮城谷 誠一(みやぎたに せいいち)。

by ウィキペディア

ここで読める! 宮城谷昌光の電子書籍

受賞作どころか、宮城谷昌光の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP