高橋克彦

1991年『緋い記憶』で第106回直木賞受賞。

高橋 克彦(たかはし かつひこ、1947年8月6日 - )は、日本の小説家。

岩手県釜石市生まれ、盛岡市在住。岩手中学校・高等学校を経て早稲田大学商学部卒業。盛岡藩の御殿医の家系で開業医の家庭に育ち、医学部受験の経験がある。父は医師の高橋又郎(2002年没)。エッセイストの高橋喜平と、「どろ亀さん」の愛称で親しまれた東大名誉教授の高橋延清は伯父にあたる。

by ウィキペディア

ここで読める! 高橋克彦の電子書籍

受賞作どころか、高橋克彦の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP