出久根達郎

1992年『佃島ふたり書房』で第108回直木賞受賞。

出久根 達郎(でくね たつろう、1944年3月31日 - ) は日本の小説家、随筆家。茨城県行方郡北浦町(現:行方市)生まれ。

中学卒業後集団就職で上京し、月島の古書店に勤める。1973年独立し、杉並区で古書店「芳雅堂」を営む。そのかたわらで作家デビュー。1990年「無明の蝶」「猫じゃ猫じゃ」「四人め」「とろろ」で直木賞候補。1992年に『本のお口よごしですが』で講談社エッセイ賞。1993年に『佃島ふたり書房』で第108回直木賞。2004年に『昔をたずねて今を知る 読売新聞で読む明治』で第17回大衆文学研究賞特別賞。読売新聞「人生案内」の回答者の一人である。

2015年、『短篇集 半分コ』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。2016年、日本文藝家協会理事長に就任。

by ウィキペディア

ここで読める! 出久根達郎の電子書籍

受賞作どころか、出久根達郎の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP