赤瀬川隼

1995年『白球残映』で第113回直木賞受賞。

赤瀬川 隼(あかせがわ しゅん、本名:赤瀬川隼彦、1931年11月5日 - 2015年1月26日)は、日本の小説家。三重県生まれ。大分第一高等学校(現大分県立大分上野丘高等学校)卒業。旧制中学の同級生に、磯崎新がいた。

住友銀行勤務を経て、外国語教育機関(ラボ教育センターの運営会社のテックに勤務『潮もかなひぬ』(文春文庫)著者紹介、のちに言語交流研究所(テックから、榊原陽らが独立して作ったヒッポファミリークラブの関連組織)に勤務した『宝石』1986年6月号「宝石図書館」)、書店などに勤務。

1983年に『球は転々宇宙間』で第4回吉川英治文学新人賞を受賞。

1983年、「捕手はまだか」で第88回直木賞候補。1984年、「潮もかなひぬ」で 第90回直木賞候補。1985年、「影のプレーヤー」第92回直木賞候補。1988年、「オールド・ルーキー」「梶川一行の犯罪」「それぞれの球譜」で第98回直木賞候補。

『白球残映』にて第113回直木賞受賞。63歳8ヶ月での受賞は歴代4番目に高齢である。

中学校の国語教科書にも掲載されている『一塁手の生還』をはじめ、野球をテーマにした小説が多い。

2015年1月26日、肺炎のため死去。。

by ウィキペディア

ここで読める! 赤瀬川隼の電子書籍

受賞作どころか、赤瀬川隼の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP