小池真理子

1995年『恋』で第114回直木賞受賞。

小池 真理子(こいけ まりこ、1952年10月28日 - )は、日本の小説家、エッセイスト。夫は同じく小説家の藤田宜永。主な長編作品に『恋』『無伴奏』『水の翼』『瑠璃の海』『望みは何と訊かれたら』などがあり、「短編の名手」と謳われ、『妻の女友達』『水無月の墓』『怪談』など、短編集も多く上梓している。山本周五郎賞、島清恋愛文学賞、渡辺淳一文学賞選考委員。

by ウィキペディア

ここで読める! 小池真理子の電子書籍

受賞作どころか、小池真理子の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP