車谷長吉

1998年『赤目四十八瀧心中未遂』で第119回直木賞受賞。

車谷 長吉(くるまたに ちょうきつ、1945年7月1日 - 2015年5月17日)は、日本の作家、随筆家、俳人。本名、車谷 嘉彦(くるまたに よしひこ)。出生時は「くるまたに」だったが、祖父の一存で「しゃたに」と役所に登録されていた時期が長く、2007年、正式に「くるまたに」に戻した。筆名の「長吉」は唐代の詩人李賀にちなむ。妻は詩人の高橋順子、2017年に回想記『夫・車谷長吉』(文藝春秋)を刊行した。

兵庫県飾磨市(現・姫路市飾磨区)出身。

かつては「反時代的毒虫」としての「私小説作家」を標榜しており、播州地方の方言を使った民衆言語で下層民の泥臭さを執拗に描き、近代と自己に疑問を投げかけるような苛烈な私小説において評価を受けた。

by ウィキペディア

ここで読める! 車谷長吉の電子書籍

受賞作どころか、車谷長吉の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP