船戸与一

2000年『虹の谷の五月』で第123回直木賞受賞。

船戸 与一(ふなど よいち、1944年2月8日 - 2015年4月22日)は、日本の小説家。本名:原田 建司(はらだ けんじ)。

山口県下関市生まれ。山口県立下関西高等学校、早稲田大学法学部卒業。

小学館、祥伝社などの出版社勤務を経てフリーになり、執筆活動を始める。1979年『非合法員』(講談社)で冒険小説家としてデビュー。

他に豊浦 志朗の筆名で『叛アメリカ史』などのルポルタージュ、外浦 吾朗の筆名で『ゴルゴ13』、『メロス』の劇画原作も著している。なお、「船戸」「豊浦」「外浦」はいずれも出身地である山口県の地名。

1983年、日本冒険作家クラブの創設の発起人の一人となる。

2015年4月22日 、胸腺癌のため死去。71歳没。闘病生活を続けながら執筆した長編『満州国演義』シリーズの完結をもって絶筆となった。

by ウィキペディア

ここで読める! 船戸与一の電子書籍

受賞作どころか、船戸与一の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP