重松清

2000年『ビタミンF』で第124回直木賞受賞。

重松 清(しげまつ きよし、1963年3月6日 - )は、日本の作家。

岡山県久米郡久米町(現・津山市)の生まれ。中学、高校時代は山口県で過ごし、1981年、山口県立山口高等学校卒業後、18歳で上京。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。出版社に勤務した後、田村章など多数のペンネームを持つフリーライターとして独立し、ドラマ・映画のノベライズや雑誌記者、ゴーストライターなど、多くを手がけた。ほかに岡田幸四郎 など。

『ファイナルファンタジーシリーズ』で、有名な坂口博信が手がけるXbox 360用のゲームソフト『ロストオデッセイ』において、サブシナリオを担当する。

2007年度の第74回NHK全国学校音楽コンクール中学校の部課題曲(めぐりあい)の作詞を担当した。作曲は高嶋みどり。

山本周五郎賞、講談社ノンフィクション賞選考委員。

2017年、早稲田大学文化構想学部客員教授を務める。

by ウィキペディア

ここで読める! 重松清の電子書籍

受賞作どころか、重松清の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP