乙川優三郎

2002年『生きる』で第127回直木賞受賞。

乙川 優三郎(おとかわ ゆうざぶろう、1953年2月17日 - )は、日本の小説家。本名島田 豊。

東京都生まれ。生後すぐに千葉県に移る。千葉県立国府台高等学校卒。

ホテル・観光業の専門学校卒業後、国内外のホテルに勤務。会社経営や機械翻訳の下請を経て、作家になる。この間に、酔った勢いで書いた小説が最終選考に残ったことから小説を書き始めた、という逸話がある。

時代小説を数多く書き、『脊梁山脈』では初の現代小説を書く。好きな作家に山本周五郎を挙げている。2001年にその周五郎の名を冠した山本周五郎賞を『五年の梅』で受賞し、翌年に周五郎が辞退した直木三十五賞を『生きる』で受賞した。

by ウィキペディア

ここで読める! 乙川優三郎の電子書籍

受賞作どころか、乙川優三郎の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP