奥田英朗

2004年『空中ブランコ』で第131回直木賞受賞。

奥田 英朗(おくだ ひでお、1959年10月23日 - )は、日本の小説家。主な作品に『最悪』、『邪魔』、『イン・ザ・プール』、『空中ブランコ』、『オリンピックの身代金』など。

岐阜県岐阜市出身。岐阜県立岐山高等学校卒業。プランナー、コピーライター、構成作家を経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。新人賞経由ではなく、出版社への持ち込みでのデビューだった。1999年、『最悪』が「このミステリーがすごい!」2000年版で第7位に、2001年、『邪魔』が「このミステリーがすごい!」2002年版で第2位にランクインする。2004年に代表作である精神科医・伊良部シリーズの第2作目『空中ブランコ』で第131回直木賞を受賞した。

作品は海外でも翻訳・出版されている。

大の中日ドラゴンズファン。2006年に日本ハムが日本一になった後のNumber内でコラムを書いた。

by ウィキペディア

ここで読める! 奥田英朗の電子書籍

受賞作どころか、奥田英朗の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP