熊谷達也

2004年『邂逅(かいこう)の森』で第131回直木賞受賞。

熊谷 達也(くまがい たつや、1958年4月25日 - )は、日本の小説家。東京電機大学卒業。

宮城県仙台市出身。宮城県佐沼高等学校、東京電機大学理工学部数理学科卒。卒業後、埼玉県と宮城県気仙沼中学校で公立中学校の数学教諭を8年間勤める。その後、宮城県に帰り、保険代理店業を経て1997年『ウエンカムイの爪』で作家としてデビューする。2011年震災当時も2013年現在も仙台市在住。

2004年、『相剋の森』から始まり『氷結の森』で終わるマタギ3部作の第2作『邂逅の森』で、初の山本周五郎賞と直木賞のダブル受賞を果たす。

『荒蝦夷』や『迎え火の山』など東北地方や北海道の民俗・文化・風土に根ざした作風で知られる。

プライベートでは外国製のオートバイをこよなく愛することで知られる。

文学だけでなくK'zというロックバンドでギターを弾くなどミュージシャンとしての一面も持つ。

by ウィキペディア

ここで読める! 熊谷達也の電子書籍

受賞作どころか、熊谷達也の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP