朱川湊人

2005年『花まんま』で第133回直木賞受賞。

朱川 湊人 (しゅかわ みなと、1963年1月7日 - ) は、日本の小説家、大阪府出身。

5歳の時に両親が離婚して以降は父と2人の兄と生活を共にし、9歳の時に足立区に引っ越す。慶應義塾大学文学部卒業。

小学生の頃から江戸川乱歩やシャーロック・ホームズシリーズなどを読んでいたが、中学生になると太宰治に憧れ、太宰を真似た作品を書き始める。そして高校3年生の時に放送局の公募文芸賞に応募して佳作に入選し、小説家を志す。大学時代も新人賞に応募するなどしていたが、大学卒業後は美術雑誌を発行する出版社に就職する。しかし夢を諦めきれず27歳の時に退社。結婚して娘や息子が生まれ、公務員の妻が働き自分は家で小説を書く生活を続けるが、新人賞は落選続きだった。しかし作風を変え、開き直ってホラー作品を執筆したところ、2002年に「フクロウ男」でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。2003年に「白い部屋で月の歌を」で日本ホラー小説大賞短編賞を受賞した。

2005年、42歳の時に『花まんま』で直木賞受賞。

2006年、特撮・アニメ好きがきっかけで『ウルトラマンメビウス』の第32話「怪獣使いの遺産」他2本の脚本を手がけ、後に小説版『ウルトラマンメビウス アンデレスホリゾント』の執筆を担当した。

by ウィキペディア

ここで読める! 朱川湊人の電子書籍

受賞作どころか、朱川湊人の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP