松井今朝子

2007年『吉原手引草』で第137回直木賞受賞。

松井 今朝子(まつい けさこ、1953年9月28日 - )は、日本の脚本家、演出家、評論家、直木賞作家。

1953年、京都・祇園にある料亭の娘として生まれる。聖母学院中学高等学校卒、早稲田大学第一文学部演劇学科卒、同大学大学院文学研究科演劇学修士課程修了後、松竹株式会社に入社、歌舞伎の企画・制作に携わる。松竹を退職後フリーとなり、武智鉄二に師事して、歌舞伎の脚色・演出・評論などを手がけるようになる。

1997年、『東洲しゃらくさし』で小説家としてデビュー。同年に、『仲蔵狂乱』で第8回時代小説大賞受賞。この作品は、2000年に市川團十郎、新之助の出演でTV化された。1999年、『幕末あどれさん』で第20回吉川英治文学新人賞候補。2000年、『仲蔵狂乱』がテレビドラマ化。2001年、『奴の小万と呼ばれた女』で第22回吉川英治文学新人賞候補。2002年、『非道、行ずべからず』で第127回直木三十五賞候補、『一の富』で第23回吉川英治文学新人賞候補。2003年、『似せ者』で第128回直木三十五賞候補。2007年、『吉原手引草』で第137回直木三十五賞受賞。2019年、『芙蓉の干城』で第4回渡辺淳一文学賞受賞。

* 選択的夫婦別姓制度に賛成。「別姓にしたくらいで崩壊するような情けない家庭なら、さっさと別れちまったほうがまし」と述べる。

by ウィキペディア

ここで読める! 松井今朝子の電子書籍

受賞作どころか、松井今朝子の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP