井上荒野

2008年『切羽へ』で第139回直木賞受賞。

井上 荒野(いのうえ あれの、1961年2月4日 - )は、日本の小説家。本名同じ。東京都出身。

小説家井上光晴の長女に生まれる。調布市立第三中学校、玉川学園高等部を経て、成蹊大学文学部英米文学科卒。卒業後は小学館の近代文学全集編集部に3年間勤めていた。

1989年、「わたしのヌレエフ」で第1回フェミナ賞(学習研究社『季刊フェミナ』による)を受賞するが、その後体調不良などで小説を書けなくなる。絵本の翻訳などをしていたが、2001年に『もう切るわ』で再起。2004年、『潤一』で第11回島清恋愛文学賞、2008年、『切羽へ』で第139回直木賞受賞。2011年、『そこへ行くな』で第6回中央公論文芸賞受賞。2016年、『赤へ』で第29回柴田錬三郎賞受賞。2018年、『その話は今日はやめておきましょう』で第35回織田作之助賞受賞。

by ウィキペディア

ここで読める! 井上荒野の電子書籍

受賞作どころか、井上荒野の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP