山本兼一

2008年『利休にたずねよ』で第140回直木賞受賞。

山本 兼一(やまもと けんいち、1956年7月23日 - 2014年2月13日)は、日本の小説家。

京都市生まれ。京都市立紫野高等学校、同志社大学文学部文化学科美学及び芸術学専攻卒業。出版社、編集プロダクション勤務、フリーライターを経て作家デビュー。

松尾芭蕉などを専門とする国文学者・山本唯一(大谷大学名誉教授)の長男として京都府に生まれる。先祖は代々新潟県真宗寺院の僧侶。2012年10月に肺腺癌で一度入院。2013年12月中旬に病状が悪化して再入院し、病床で執筆を続けていた。2014年2月13日午前3時42分に原発性左上葉肺腺癌のため京都市の病院で死去。。

雑誌『中央公論』に2013年11月号から連載していた「平安楽土」が絶筆となった。最後となった同作の第6回を編集者に送ったのは死去前日、亡くなる約5時間半前であった。

by ウィキペディア

ここで読める! 山本兼一の電子書籍

受賞作どころか、山本兼一の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP