道尾秀介

2010年『月と蟹』で第144回直木賞受賞。

道尾 秀介(みちお しゅうすけ、1975年5月19日 - )は日本の小説家・推理作家・歌手。兵庫県芦屋市生まれ、後に千葉県、東京都北区へ引越し、現在は茨城県在住。血液型はO型。

玉川大学農学部卒業。道尾はペンネームで、都筑道夫に由来する。秀介は本名である。

17歳のときに、当時交際していた女性の影響で小説を読み始める。当時は太宰治と川端康成を好んで読んでいた。テレビ放送された映画『獄門島』をきっかけに、横溝正史の小説も読み始める。19歳のときに作家になろうと思い、大学1年で小説を書き始める。

1998年、大学を卒業し住宅機器メーカーに就職する。1999年、「どうして犬は」が『小説現代』の「ショートショートコンテスト」に入選し掲載される。審査員の阿刀田高は「とてもよいできだ」「内容はたわいないが、技術的にはショートショートの合格ラインをみごとにクリアしている」と評した。2002年、「手首から先」で第9回日本ホラー小説大賞短編賞の最終候補作になる。この頃、ホームページ「シロウト作家の訴え」を作り「オグロアラダ」・「手首から先」などの自作小説を公開していた。

by ウィキペディア

ここで読める! 道尾秀介の電子書籍

受賞作どころか、道尾秀介の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP