朝井リョウ

2012年『何者』で第148回直木賞受賞。

朝井 リョウ(あさい リョウ、男性、1989年5月31日 - )は、日本の小説家。

岐阜県垂井町の出身である。岐阜県立大垣北高等学校、早稲田大学文化構想学部を卒業した。2009年、『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビュー、2012年には同作が映画化された。同年、『もういちど生まれる』で第147回直木三十五賞候補。2013年、『何者』で第148回直木三十五賞受賞。直木賞史上初の平成生まれの受賞者であり、男性受賞者としては最年少となる。直木賞受賞後第一作『世界地図の下書き』で、第29回坪田譲治文学賞受賞。2016年、英語圏最大の文芸誌「Granta」日本語版でGranta Best of Young Japanese Novelistsに選出される。

by ウィキペディア

ここで読める! 朝井リョウの電子書籍

受賞作どころか、朝井リョウの電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント

PAGE TOP