古井由吉

1983年『槿』で第19回谷崎潤一郎賞受賞。

古井 由吉(ふるい よしきち、1937年11月19日 - )は、日本の小説家、ドイツ文学者。いわゆる「内向の世代」の代表的作家と言われている。代表作は『杳子』、『聖』『栖』『親』の三部作、『槿』、『仮往生伝試文』、『白髪の唄』など。精神の深部に分け入る描写に特徴があり、特に既成の日本語文脈を破る独自な文体を試みている。

by ウィキペディア

ここで読める! 古井由吉の電子書籍

受賞作どころか、古井由吉の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント