津島佑子

1998年『火の山―山猿記』で第34回谷崎潤一郎賞受賞。

津島 佑子(つしま ゆうこ、1947年3月30日 - 2016年2月18日)は、日本の小説家。本名は津島里子(つしま さとこ)。作品は英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・オランダ語・アラビア語・中国語などに翻訳されており、国際的に評価が高い。東京都北多摩郡三鷹町(現・東京都三鷹市)生まれ。小説家太宰治と津島美知子の次女。

by ウィキペディア

ここで読める! 津島佑子の電子書籍

受賞作どころか、津島佑子の電子書籍は何も見つかりませんでした...。

コメント