文藝賞

新人賞であるが、才能発掘としても話題提供としても力のある賞。純文学寄り。河出書房新社系。ただ、受賞後2~3作で以後活躍していない作家も多く、受賞作の電子書籍化率は1割程度。

文藝賞(ぶんげいしょう)は、1962年に創設された文学賞で、河出書房新社が主催し、以降年1回発表されている。

受賞は選考委員の合議によって決定され、受賞者には正賞として記念品、副賞として50万円が授与される。受賞作は同社が発刊している文学雑誌『文藝』に掲載されるほか、単行本としても刊行される。締め切りは毎年の3月末日となっている。

第2回までは長編部門、中・短編部門、戯曲部門の3部門制をとっていた。また、1967年度には河出長編小説賞が存在した。

河出書房新社は同賞を小説ジャンルにおける「新人の登竜門」と位置づけて未発表の小説原稿を募集している。2000年頃から中高校生の受賞が顕著になり、それ以降の低年齢作家ブームの先駆けとされる。特に第42回には三並夏が中学3年生(発表時15歳)で受賞し、それまでで最年少の受賞者として話題を呼んだ。最終選考に残った3作品が全て受賞となることもあるなど、積極的に授賞が行われている。

純文学系の新人賞には他に、群像新人文学賞、新潮新人賞、文學界新人賞、すばる文学賞、太宰治賞などがある。

by ウィキペディア

文藝賞 受賞作家リスト

コメント