伊藤整文学賞

伊藤整賞。小説部門と評論部門があるがここでは小説部門を取り上げる。純文学寄り。北海道新聞社系。第25回で終了。電子書籍で読める受賞作は、現状でほとんどない。

伊藤整文学賞(いとうせいぶんがくしょう)は、地元・小樽市出身の文学者伊藤整没後20年を契機に、1990年に創設された文学賞である。

創設された文学賞は、小説と評論の2部門があり、4月1日を基準日として前1年間に発表された日本語で書かれた作品(小説、評論)から選出、受賞者には斎藤吉郎作「カモメ呼ぶ少女」のブロンズ像・副賞100万円を贈呈された。

主催団体は、伊藤整文学賞の会・小樽市・北海道新聞社から構成され、会事務局は小樽市教育委員会に置かれた。

2012年10月、主催している小樽市の資金難などから2014年の第25回を以って終了することを発表。

2014年5月8日、最後となる第25回受賞作を発表。同年6月13日、小樽市内にて催行された授賞式を以って、全ての活動を終了した。

by ウィキペディア

伊藤整文学賞 受賞作家リスト

コメント