舞城王太郎『九十九十九』

現代文学100字レビュー

作品情報

舞城王太郎『九十九十九』の表紙画像
タイトル
九十九十九
かな
つくもじゅうく
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
九十九十九
所要
4時間30分
評価
★☆☆☆☆
レビュー
やりたい放題無法地帯の探偵推理モノ。前章がフィクションとして次章に埋め込まれるメタ構造がイキすぎてて、黙示録の見立てだぜってズバズバ解き明かしても清涼感はない。誰もついて来てないなと確認して笑うよな。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント