吉田修一『静かな爆弾』

現代文学100字レビュー

作品情報

吉田修一『静かな爆弾』の表紙画像
タイトル
静かな爆弾
かな
しずかなばくだん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
静かな爆弾
所要
1時間50分
評価
★★★☆☆
レビュー
恋人の耳が聞こえないために、音のしない恋愛小説。障害のせいではなくて単にコミュニケイトできない男、が浮かび上がる。伝えることより、相手を知ろうとすることのほうが難しいって、そんな当たり前のことだった。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント