山川健一『窓にのこった風』

現代文学100字レビュー

作品情報

山川健一『窓にのこった風』の表紙画像
タイトル
窓にのこった風
かな
まどにのこったかぜ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
窓にのこった風
評価
★★★★★
レビュー
なぜか村上春樹に似ていると感じた長編。アトリエに残された作品を手掛かりに、突然消えてしまった妻を捜す。「閉塞感」とそこから出ようとする衝動を感じさせる、内省的ストーリー。彼の作品では珍しく文学臭濃厚。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント