山川健一『サンタのいる空』

現代文学100字レビュー

作品情報

タイトル
サンタのいる空
かな
さんたのいるから
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
花火 / サンタのいる空 / 新しいノート (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
皮膜から溶け出すように拡散する自意識の短編集。すでに終わってしまった愛の物語を中心に、世界に受け入れられない孤独感が充満する。スプレーから吐き出される赤は、関係を呪う血糊のようにこびりついて離れない。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント