池澤夏樹『アトミック・ボックス』

書誌情報

  • アトミック・ボックスあとみっくぼっくす
    池澤夏樹いけざわなつき
    2017-02-25
    KADOKAWA 角川文庫
    父は28年前、国産原子力爆弾開発に参加していた!? 謀略サスペンス!
    人生でひとつ間違いをしたという言葉を遺し、父は死んだ。直後、美汐の前に現れた郵便局員は、警視庁を名乗った。30年にわたる監視。父はかつて、国産原子爆弾製造に携わったのだ。国益を損なう機密資料を託された美汐は、父親殺人の容疑で指名手配されてしまう。張り巡らされた国家権力の監視網、命懸けの逃亡劇。隠蔽された国家プロジェクトの核心には、核爆弾を巡る国家間の思惑があった。社会派サスペンスの傑作!

関連リンク