花村萬月『対になる人』

書誌情報

  • 対になる人ついになるひと
    花村萬月はなむらまんげつ
    2021-04-26
    集英社
    小説家が出会ったのは心に50の人格を宿す女だった。彼女に手を差し伸べたときに待っていたのは──。迫真の長編サイコスリラー。
    はじめて彼女を殺したのはーー母親だった。
    小学2年生の彼女を絶望的にまで殺し尽くしたのはーー
    教諭である鈴木による性的虐待だった。
    鈴木先生は6人の彼女を生みだすきっかけとなった。
    17歳のときに彼女を犯し、完全に殺したのはーー
    水原君と10人の仲間たちだった。
    そのとき新たに2人、あるいはさらに多数の彼女が生まれた。

    冬の札幌で、小説家・菱沼が出会ったのは、心に50の人格を宿す女だった。DV被害にあう女に手を差し伸べた男は、信じられないほど壮絶な彼女の過去を知ることに……。柴田錬三郎賞を受賞した作家が満身創痍で放つ、迫真の長編サイコスリラー。

    【著者略歴】
    花村萬月(はなむら・まんげつ)1955年、東京都生まれ。89年『ゴッド・ブレイス物語』で第2回小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。98年『皆月』で第19回吉川英治文学新人賞、「ゲルマニウムの夜」で第119回芥川賞、2017年『日蝕えつきる』で第30回柴田錬三郎賞を受賞。その他の著書に『ブルース』『笑う山崎』『二進法の犬』「百万遍」シリーズ、「私の庭」シリーズ、『浄夜』『ワルツ』『裂』『弾正星』『信長私記』『太閤私記』『花折』など多数。

関連リンク