花村萬月『武蔵 五』

書誌情報

  • 武蔵 五むさしご
    花村萬月はなむらまんげつ
    2017-05-17
    徳間書店 文芸書
    悪になれ。悪を穢す者を斬れ。武蔵は武芸者という名の人殺しを究められるのか。極限の戦いから迸る、興奮と哀切。圧倒の第五巻!
    宮本武蔵。弁之助は自らをそう名乗った。名付け親は佐々木小次郎。
    小次郎はまさに天才的武芸者だ。翻って、自分はこの京にあふれる無数の牢人のなかでどう抽んでればよいのか。
    北白川城趾に向かう最中、気配を感じ振り返る。頬に切先。取り囲む野臥せりたち。だが次の瞬間、武蔵は意外な態度を取る。物思いに沈んだのだった。
    死。死。死。際限のない死と引き換えに武蔵が手にするものとは。傑作大河小説、圧倒の第五巻!

関連リンク