花村萬月『武蔵 六』

書誌情報

  • 武蔵 六むさしろく
    花村萬月はなむらまんげつ
    2017-06-08
    徳間書店 文芸書
    武蔵と小次郎、いざ決戦のとき。衝撃と感涙の終幕に向けて物語は猛然と突き進む。かつてない地平を拓く剣豪小説、堂々の最終巻!
    最愛の人を喪った武蔵は、笑みを絶やさなかった。それは鉄壁の鎧のごとくであって、余人の付け入る隙を与えぬがためである。
    槍術の達人・宝蔵院胤栄、そして天下の剣豪・柳生石舟斎とあいまみえながら見据えるのは佐々木小次郎の姿。ときに憎しみに近い妬心を、ときに身を捩りたくなるような懐かしさを覚えさせる男。
    いざ、決戦のとき。衝撃と感涙のクライマックスに向けて物語は猛然と突き進む。
    堂々のシリーズ最終巻!

関連リンク